makiのきまぐれ読書日記

読んだ本を忘れないように。。。

別シリーズのあんな人や、こんな人が!!「ばんば憑き」

宮部みゆきさんの昔の本を読み返そうシリーズ(勝手に命名した2021年秋)、第3弾は「ばんば憑き」

いや~。この本は平成23年2月の初版本だから、2011年に読んでるらしい。。。

坊主の壺

お文の影

博打眼

討債鬼

ばんば憑き

野槌の墓

時代ものの、不思議話6篇からなる物語です。

 

f:id:maki_0004:20211123223627j:plain

 

「坊主の壺」を読みながら、あ~、これ、ランチにモスバーガー食べながら読んだやつ。。。なんてうっすらと思い出し。。。

「お文の影」あれ?これって、私の本棚に文庫ない??うわ~!!せっかく買ったのにばんば憑きの改題文庫化だって(;・∀・)なんて感想書いてるわ・・・なんて思てたら!!

ん??政五郎親分。。。聞いたことあるけど。。。内容思い出せんぞ・・・って思ってたら。。。おでこちゃん!!!この子は知ってるよ。ものすごい数のお話を頭の中に記録してて・・・でも最初から順番にしか話せないから、途中で話を斬っちゃダメな子笑

そう、「ぼんくら」シリーズで弓の介くんと大活躍するおでこちゃんだ(^^)

 

そうだったのね~なんて読み進めた

「賭博眼」では、狛犬さんのもふもふに私ももたれかかって守ってもらいたい❤なんて見当違いな感想を持ちつつ。。。

 

「討債鬼」で青野利一郎さんって!!!三島屋百物語、おちかちゃんと良い仲になるかと思った深考塾の若先生! 暗獣くろすけと親交をもった新左衛門と初音様。それに・・・偽坊主の行然坊まで!!・・・でもちょっと待って、行然坊、まだ悪者なん?登場の仕方は、三島屋さんの店前に立ったのとおんなじ姿だけど!?ってドキドキしたら、わんぱくな塾生、金太、捨松、良介の3人と仲良くなってるよ♪

うっわ~。「あんじゅう」の前日談ってわけですか。。。

青野先生の那須請林藩での過去が、こんなところで語られてるなんてね~。青野先生も伴侶と思った人と、つらい目にあったのね。。。おちかちゃんと、心が通じるわけですわ。。。その後、「三鬼」でお国元に戻ることになっちゃうんだけれども、その事情も、ここで語られてただなんて。。。さすが私、まったく覚えてなかった(T_T)おちかちゃんシリーズ大好きなくせしてねぇ。。読み返してみて、よかったよ(^^)

 

シリーズ、再読が進んで、ぼんくら、そしてあんじゅう、三鬼に届く頃にはまたすっかり忘れてるだろうから。。。

今、こうして興奮したところで、一旦記録。。。。あの話は、どこに返れば読み返せるのか。きちんと書いておこうと思ったのです。(ちなみに余談ですが、青野先生が国元に帰るのが、三島屋シリーズのどの巻であったのか??ちゃんと記録に残ってたから見つけられたんです!!)

 

さてさて、これから表題作です。どんな話か全く覚えてないので、とても楽しみです笑

 

 

・・・なんて帯をみてたら、おでこや、青野先生の事が書いてあった!?

あわてて、本を出して来たら、ぼんくらは2000年あんじゅうは2010年だった。本作より前に読んでる!?(^^; さすが私。。。宮部さんの本は、発売順じゃなくて、シリーズ別に並んでるから、こんな勘違いも発生するわけで。。。とりあえず、読み返しシリーズはこの後、シリーズ以外で進みます!?

5. スタイルシートの設定