makiのきまぐれ読書日記

読んだ本を忘れないように。。。

全然覚えてなかった「きたきた捕物帖」おさらいの再読!

大好きな作家さん宮部みゆきさんが、三島屋変調百物語とともにライフワークにすると宣言している「きたきた」シリーズ。 第2弾が発売されて、早々に読んでみたはいいけれど。。。全然思い出せないんですけど~(T_T) 確かこれ読んだとき、富勧長屋=さくらほ…

「模倣犯」第2部は犯人側からの事件模様。無念である。。。

上巻で、第2部が終わると思いきや。。。1部ラストで起きた事件そのものは下巻にまで続くという。。。あともう少し、もう少し。。。と上巻の残りページを感じながら読み進めたのにその絶望といえば・・・(大げさな汗)というわけで、下巻途中まで進めての…

きたきたシリーズ2「子宝船」では、圧倒的におでこさん!

宮部みゆきさんのきたきた捕物帖シリーズ第2弾、「子宝船」を読み終わった。 目次のページを開いた際に、おでこさん!って感動した。宮部さん再読シリーズ「ばんば憑き」でこんなところに!!と感動した覚えも新しいおでこさんである。。。そっか~。きたき…

魑魅魍魎の出版業界!?「作家刑事毒島」はくせになるかも。

中山七里さん、岬シリーズの「合唱」がオールスター登場ってことらしく、主要人物をさらうために読み始めたたシリーズ。。。 最初の予定より、どんどん本が増えてくんですけど( ;∀;) そしてなぜかたどり着いた「作家刑事毒島」 「毒島」ってかいて「ぶすじま…

分厚すぎる「模倣犯」とりあえず、第1部

宮部みゆきさんを再読しよう♪シリーズ。いよいよ本命の「模倣犯」である。 3度目。。。になるのかな? 最初はもう、先が知りたくて斜め読みに近いものがあった。でも再読するには文字好きの私であってさえ、二の足を踏む長さ。 この本は自分で買ったものの、…

女主人公と女刑事が気の毒すぎる「クロスファイア」

宮部みゆきさん初期作品再読シリーズは、やっと第10弾に!(第1弾をあかんべえじゃなく、ソロモンの偽証から数えることに、変更!w) この本は、昔図書館本だって、その後古本屋で購入したものが現在我が家にあるのだけれど、上巻は、この表紙だけど、下巻は…

渡瀬はこうして現在の渡瀬になった。。。「テミスの剣」

中山作品を読み進めてて、いろんな登場人物が行き来してて、確認しようとするたびにランキング上位に挙がってくるこの作品。シリーズでないけど、育てていきたい古手川刑事とペアを組む渡瀬と、あるときはおばあちゃん、ある時は高裁の判事、そしてある時は…

3人の女サイコパスの「鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで 」

宮部みゆきさん再読シリーズ。次は「火車」の予定だったんだけど、これは間違いなくうカード破産のお話。ほんわり覚えてる。だから次「長い長い殺人の夜」これはお財布がご主人の犯罪(?)を一緒に体験する話。多分。。。パス。「理由」これ、マンションで…

それでも御子柴シリーズは続くのね?「追憶の夜想曲」

岬洋介シリーズでありながら、中山作品オールスター総出演の「合唱」をより楽しむためにと「カエル男」からはじまった、中山七里作品も、6冊目。御子柴シリーズとしては2冊目の「追憶の夜想曲ノクターン」である。 弁護士御子柴礼二。殺人を犯し刑に服した…

変わった人たち大集合「龍は眠る」

宮部みゆきさん再読シリーズ。「龍は眠る」 図書館読みして、その後古本屋で買い集めた宮部さん本。気付かず2冊も買ってしまい、1冊友人に譲った。。。。それは覚えてる。でも内容、まったく覚えてなかった(笑) 事件の始まり、マンホールのふたとそこに落…

高円寺静≒円からの葛城→犬養隼人につながる2冊。

岬洋介シリーズの「合唱」に行くために初期作品からさらってる中山七里さん。「合唱」の後ろの方に載ってる人物相関図みたいなのを参考に、カエルからの、御子柴デビューをしたんだけれども、だいぶ、心が疲れた(^^; なので、引退した裁判官の高円寺静さん、…

二つの物語が一つに。。。「レベル7」はドキドキがすぎる!

例年年の初めは東野圭吾さん的な習慣だったんだけれども、秋ごろから始まった宮部みゆきさんの昔の本を読み返そうシリーズで、ぶっとい本が12月中頃から枕元に横たわっていた。。。読み進めてはいたのだが、一向に終わる気配が見えなくて、正月休み最終日に…

なるほど社会派!?「魔術はささやく」

みやべみゆきさんの昔の本を読み返そうシリーズ。時代物は一旦終了。現代推理もの(?)の「魔術はささやく」であす。 職業作家としてのデビュー作、日本推理サスペンス大賞を受賞している。 この記事を書くにあたって、あらためてググったんだけど、私はこ…

中山七里との出会いからの「カエル男」と「贖罪の奏鳴曲」

2021年新しい作家と出会った。彼との出会いは推しの俳優さんの映画の原作。 その俳優は綾野剛さん。「ドクター・デスの遺産」という作品である。 原作者の名前は、中山七里。 本を買う際にはとりあえずググる私。もしもシリーズものだったとしたら私はとにか…

別シリーズのあんな人や、こんな人が!!「ばんば憑き」

宮部みゆきさんの昔の本を読み返そうシリーズ(勝手に命名した2021年秋)、第3弾は「ばんば憑き」 いや~。この本は平成23年2月の初版本だから、2011年に読んでるらしい。。。 坊主の壺 お文の影 博打眼 討債鬼 ばんば憑き 野槌の墓 時代ものの、不思議話6篇…

最大の悪霊とされた人こそ実は。。。「孤宿の人」

宮部みゆきさんの昔の本を読み返そうシリーズ(勝手に命名した2021年秋)、第2弾は「弧宿の人」2005年の作品である。 この本は、最初読んだ時に、とてもいい本だと思ったという記憶、悪者とされる加賀さまがホントはいい人だ・・・って事だけ覚えた。 15年ぶ…

「名前探しの放課後」伏線の回収が!!!

辻村深月さんの作品で、最初に読みたいと思った「名前探しの放課後」やっとたどり着きました。順番は守ってね!といろんなサイトで言われてて、その謎が解けまくり(笑) 下巻に入り、読メでの上巻での感想、いつかとあすながわざわざ遠い学校に通ってるわけ、…

何が正しいのか?「僕のメジャースプーン」はハードな物語。

私が読みたい!って思った辻村深月さんの「名前探しの放課後」まであと2冊!ていうところで、一旦小休止を入れて読んだ、「ぼくのメジャースプーン」 あれ?順番、絶対間違わないでね!って言われたけれど、今までの関係者、出てきた?・・・それとも、これ…

亡者もイロイロ!?「あかんべぇ」は良い本だ。

宮部みゆきさんの昔の本を読み返そうシリーズ(2021年秋、勝手に命名)、第1弾 「あかんべえ」時代物です。 我が家にあるのは当然単行本。2002年3月29日第1版第1刷発行。約20年前に読んだのねぇ。。。今年読んだ本でもないよう忘れるくらいだから、そんなん覚…

映画は別物「キネマの神様」

映画を見て、なるほどね~って思ってたら、原作を是非!と勧められたので一応購入済だったので、読んでみた。 原田マハさんの「キネマの神様」 買った時期が時期だったので、ダブルカバーで映画版の表紙もついてたけど、あえて、この画像で。。。 本題に入る…

一見普通で、でも普通でない人たちの「すみれ荘ファミリア」

2020年、「流浪の月」で本屋大賞に選ばれた作家さん、凪良ゆうさん。単行本は置くところがないので、最新作の文庫本を!と購入したのは、6月の末。。。 やっと読み終える事が出来ました(^^) 久々に、ここの記事も新しく追加せねば・・・ということで、不思…

「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」の中の人たち!

2021年度の本屋大賞は、町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」。すこぶると評判が良いので、私も早く読みたいのだが、我が家の床を圧迫するため単行本は、大好きな二大巨頭の宮部みゆきさんと東野圭吾さんしか買わないと決めている。そのために、文庫化…

「神様の御用人2」の神様まとめ

2冊目になった神様の御用人。今回もやっぱまとめとかないと、神様が混乱しちゃうよねぇ。。ということで、まとめである。 御用人でないけど神様が見える人の子、穂乃香ちゃん(大主神社の宮司の娘)が後半、良彦と一緒に御用聞きに協力してくれるようになり…

肝は第十四章「冷たい校舎の時は止まる(下)」

とにかく先が気になって、一気に読んでしまった(^^; 辻村深月さんの「冷たい校舎の時は止まる」下巻である。 情感を読み終えた後のレビューで、その名前を目にしてしまい、そのつもりでありながらあれ?って思いながら読み進め、そして。。。なるほど。。。 …

マジか!?上巻読後に犯人ネタバレ!?「冷たい校舎の時は止まる」

長い事積読にしていた、辻村深月さんのデビュー作「冷たい校舎の時は止まる」の上巻を読み終えた。 そして、読メに感想をあげて、何の気なしにその続きで他の人の感想を読んでいたら、なんと!犯人の名前を目撃してしまった(T_T)/~~~ 読メさん、未読本だとネ…

「神様の御用人」最初が肝心!まとめておかねば!!

なんでこの本を手に取ったのかは不明。。。きっと読メかなんかでランキングに入ってたんだろうな。。。多分9冊目が出版されたころだと思うんだけど。。。それを最初から新刊で買って始めるのはちょっと遠かった(?)ので、フリマで安くて冊数が多いのを選ん…

ドラマとは違う結末の「高校入試」

関西地区で放送されてた湊かなえさん原作の「高校入試」。 ドラマを見たらやっぱり原作を。。。ということで、再読してみた。 解説で知ったんだけれど、ドラマが先で、その後小説化されたということで、小説を読みながら、結構忠実にドラマ化されたのね~。…

「ハグとナガラ」はただの旅物語ではなかった。

最近、ランキングの常連さん、そして、日によって違う作品が上がっているのを横目にみていた作家さん、原田マハさん。 はじめましての作家さん、何から読もうかと思いつつ、先に買ったは、2018年本屋大賞3位の「たゆたえども沈まず」で、読むのを結構楽しみ…

「笑わない数学者」は文系の私でも興味深かった。。。

2020年の読書スタートダッシュはすさまじいものがある。随分前から積読の「安積班」シリーズ「万能鑑定士Q」シリーズをこなし、同時期購入、いちおう目標に置いていたこのシリーズにたどり着いた。。。 森博嗣さんのすべてはFになるシリーズ。正確には、S&M…

コロナ禍の今、「半夏生」がじわる。

今野敏さんの 安積班シリーズの「半夏生」を読んだ。先月末からシリーズ復帰して、短編ばっかだったのが、いよいよ長編だと知ってウキウキし、読み進めているうちに愕然とした。え?バイオテロ??・・って、まさに今の日本じゃん(^^;って・・・ もちろん、…

5. スタイルシートの設定