makiのきまぐれ読書日記

読んだ本を忘れないように。。。

「神様の御用人」最初が肝心!まとめておかねば!!

なんでこの本を手に取ったのかは不明。。。きっと読メかなんかでランキングに入ってたんだろうな。。。多分9冊目が出版されたころだと思うんだけど。。。それを最初から新刊で買って始めるのはちょっと遠かった(?)ので、フリマで安くて冊数が多いのを選んで購入したのが今年の1月後半。。。令和元年からそれもなぜ始めたのか定かでない御朱印集めを始めて神社に行く機会も増えたからいい本との出会いだったらうれしいな・・・そんな軽い気持ちで読み始めたけど。。。

いきなりこっぴどく叱られてごめんなさい<m(__)m>って言いたくなるような、でも、とっても心に優しい物語です。でも、読み方がむずかしくって・・・私には記憶に残すことがきっと無理(T_T)そうなので、書評とか、そんな大それたものじゃなく、覚書として記録に記事にしておきます。

浅葉なつさんの、神様の御用人。 浅葉さん、もちろんはじめましての作家さんです。

 

f:id:maki_0004:20210410132711p:plain

 

 

「主人公」 萩原良彦 

祖父敏益(とします)の無事を、「天神地祗八百萬神(あまつかみくにつかみやおろずのかみ」)を祀る「大天宮(だいてんぐう)」に祈り、その後その勝手な申し出を謝罪したことから御用人に任命。とは後に知らされることで、とある日とある老人を助けたところ「 宣之言書(のりとごとのしょ)」を預けられ、あとのことは狐に聞けといわれるのだが・・・

「その友」 藤波幸太郎 

出仕(しゅっし)みならい→権禰宜(ごんねぎ)神職 二つの摂社と七つの末社、その他を祀る「大主(おおぬし)神社」に仕える

 

 

一柱(ひとはしら) 

方位神(ほういじん) 

陰陽道の神様 四石社に鎮まる、方角を司る 狐 毛色から黄金(こがね)と呼ばれる

 

現代において、八百萬のすべての神が万能だと思うな

昔は神祭りという行為により、人から感謝の心を奉納されることで髪の力は補われていたのだ。そして人は、その神から恩恵を受けていた。神と人は、お互いがお互いを生かしめる、そんな関係であったのだ。

厚い神祭りを受けていた当時、神々は威に満ち溢れ、わざわざ御用聞きを走らせずとも事足りていた。

祀ることもしない人間が気まぐれにやってきては、勝手な願い事を唱えて去っていくのを何度見送ったか。これでh赤みの力は弱まるばかり・・・

宣之事書を手にした者は、力を削がれた神に代わって、その御用を聞き届けるのが役目だ。

 

黄金が語るこの言葉は、ちょっと・・・いや、かなり心乱される。御朱印集めのため参拝し、とにかく何か願い事をせねば。。。と一方的に投げつけた願いが・・・痛い・・・

 

御用

 神祭りをする人間が減ったことで、神々は力を失いつつある。日本の人の子が再び神祭りに目覚め、神に畏怖と敬いを持つように取り計らってもらいたい。

・・・のはずが、無理だとしりぞけられ、「都路里の抹茶パフェを食べたい」に落ち着く!?(笑)

 

 

二柱 

一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)

古事記下巻に登場 大和葛城山の東南麓に座

葛城(かつらぎ) 神沼河耳命(かむぬなかわみみのみこと)が高岡宮(たかおかのみや)を築いた場所 

「・・・吾は雖悪事(まがごと)、而一言(もひとこと)、雖善事(よごと)、而一言、言離之神(ことさかのかみ)・・・」と自分を名乗った、悪い事もよい事も一言で決める、言霊の神

お杏(きょう) 一言主の大神に仕える眷属(けんぞく) 銀杏の精霊

御用 「一言主をお救いくださいませ」

 

少女が泣くのにことばもかけてやれない、これっぽっちも、人の役に立てないとひきこもり、オンラインゲームに興じるが、「あんたはそこにいるだけで、充分優しいんだ」と良彦に気づかされ立ち直る。そして、ゲーム、SNSを通じた友になる。

 

 

三柱

大神霊龍王(おおみたまりゅうおう) 滋賀県瀬田の唐橋(からはし)の下に住まう瀬田川龍神。橋姫 橋の守護神としてまつられる神、そこから転じて鬼女を指すこともあり、宇治橋の橋姫は丑の刻参りの元祖となった姫。。という余談。

御用 「 あのボート部を即刻この川より撤退させよ」

 

俵藤太英聡(たわらとうたひでさと)の大百足(むかで)退治 の昔の恋に破れ現在の恋人たちをうらやむが「誰かを好きになることって、幸せなことだと思うけど・・・」「理屈で心は動かねぇよ」という良彦の言葉に救われる。

 

 

四柱

大年神(おおとしのかみ)、歳徳神(としとくじん)ともいう 

いわゆる新年に福をもたらす年神 

御用 かつて自分を丁寧に迎え入れてくれたあの家に、もう一度依代を飾らせること。そして福の神としてあの家に寄ること。

 門松や根引松は依代(よりしろ)になる。それがない家に、年神は寄れぬから。。

 

 

豆知識

・神様の単位は 柱 お守りは一体、二体と数える

天津神(あまつかみ) 高天原(かたまがはら)という神の国から地上へ降り立った神 有名どころは、伊勢神宮天照太御神(あまてらすおおみのかみ)

国津神(くにつかみ) もともと地上にいた神 出雲大社大国主神(おおくにぬしのかみ)

・年神は民間信仰の神、須佐之男命の息子の大年神神道方位神の一柱である歳徳神陰陽道と同一視されることもある。

 

 

 

知識を得たことが、こんなに!!(笑)

そしてもちろん、良彦の優しさが身に染みる物語だ。

もちろん孝太郎がいい友だし、御用聞きの友になった(?)黄金も、憎くてかわいい。これから彼らと共に、全国のいろんな神様のことを知りたい。そしてそれに伴う良彦の自分探しの旅(?)も楽しみだ!!

 

ドラマとは違う結末の「高校入試」

関西地区で放送されてた湊かなえさん原作の「高校入試」。

ドラマを見たらやっぱり原作を。。。ということで、再読してみた。

解説で知ったんだけれど、ドラマが先で、その後小説化されたということで、小説を読みながら、結構忠実にドラマ化されたのね~。。。と思っていた私は恥ずかしい(^^;

 

f:id:maki_0004:20210314211318p:plain

 

ドラマと小説では結末が違うと書かれていたけれど。。。

うん、全然違った。私としては、圧倒的にこちらのほうが現実的で好みである。

 

ドラマでは、明らかにされてなかった、事情聴取(聞き取り)の際の、自分に都合の悪い事を隠してるところとかも、あぁ、やっぱりそういう事ねと納得できたり。。。人間とは自分の都合の悪い事は、言いたくないものなのである。。。

水野先生が、携帯が鳴った時に、カンニングが行われていないか、ちゃんと見てた!なんてところは、水野先生までもが。。。。って感じだったけど!?

校長先生も、ドラマでは、ラストまでのらりくらりと知らんぷり!?的だったけれど、こちらでは、ある時を境にぐっとまともになって、荻野先生の「以前は尊敬していました」ってドラマでのセリフが、なるほどと納得いくものになった。

 

荻野先生の告白が、つらかった。自分を正当化してるつもりだったのに、戦ってるのはほんの10代の少年で、ネットの悪意の軌道修正をしようとしたが、もうどうしようもならないくらいに悪意は広がっていた・・・

2013年の作品で、この問題がとりあげられてたけど、2021年現在。無記名の誹謗中傷が、他人への攻撃が、これでもか!これでもか!!とうんざりするくらいにあふれてる。こういうことは、時代がたっても変化しないんだなぁと思うと悲しくなる。

高校入試っていいうシステムは、かかわりがないからわからないけど、ガラケーとは比べ物にならないほど精密なスマホのせいで、イタチごっこの戦いがくりひろげられているのだろうか・・・

学校の先生も、準備からはじまりモンスターペアレンツとの戦い、採点、後片付けと、苦労ばっかりで、ご苦労様です。。。そりゃぁ、行事化しちゃうのも、無理ないよね。って、これは、生徒じゃないから言える言葉か。。。

 

 

どうせ、私はまた忘れるから、ラストの違いをここに書いとこう!!

 

ドラマ・・・辞職は校長のみ。荻野先生は荒れた高校へ。そして春山先生は一高に残り携帯娘、会長息子、松島息子のクラス担任となる。

小説・・・校長と荻野先生の辞職。春山先生はフリースクールの教師へ。(二股相田先生は、ドラマ荻野先生のかわりに荒れた高校へ)

 

 

ちなみに私、ドラマを見るのが今回が初めてで、小説を読むのは2回目。

初めて読んだ時の感想に、「最終的に退職された二人の教師は立派だった」と書いてるところを見ると、私、意外に、ぶれないじゃん!!って思った(笑)

そして、坂本先生も、そのぶれない正直さを、私は嫌いではない。。。

「ハグとナガラ」はただの旅物語ではなかった。

最近、ランキングの常連さん、そして、日によって違う作品が上がっているのを横目にみていた作家さん、原田マハさん。

はじめましての作家さん、何から読もうかと思いつつ、先に買ったは、2018年本屋大賞3位の「たゆたえども沈まず」で、読むのを結構楽しみにしていた。。。が昔のシリーズ消化がはじまり、とりあえず終わったものの。。。待ちわびた、2018年本屋大賞1位の文庫本が発売になり、手元に届くまでのつなぎの本。。。。ということで、程よい薄さの本作品に手を伸ばした。

 

「ハグとナガラ」

 

読メの感想を見ていると、私も友人と旅に出たくなった。。。と書いてあるし、表紙はスーツケースをもって旅支度の二人だから、当然、そういうものだと思っていたのだが。。。

 

f:id:maki_0004:20210311134124p:plain

 

いきなり主人公の「ハグ」の一人旅だった。。一緒に旅する予定だった友人「ナガラ」の母が脳梗塞で倒れ、旅に出られる状態ではなくなった。けど、心は一緒に行くから、是非に行ってきて!!と・・・。

 

このスタートをみて、私はこの旅が現在で、過去の二人のあんな旅やこんな旅を思い返す物語かと思っていた。二人旅を始めた(再開した?)スタートが、結婚に敗れ、転職したハグに対し、「旅に出よう!もっと人生を足掻こう」というナガラの言葉ではじまった二人旅。そんなズタボロのハグに加え、ナガラにも、親の介護・・的な重荷で結構な人生大変!のクライマックスに思えたからだ。。。

でも、あくまでこれはスタート(リスタート?)で、この後旅で母親を亡くした子に出会うわ、ハグの母は認知になるわ、そして、ナガラの母は。。。思い通りに行かない人生。。。

 

ハグは認知を患った母の介護のために、同居を始める。ちなみに私も母と二人暮らしだ。私、もうすぐ50歳。そう、ハグと同年代。いつ、そのような事態になっても不思議はない。果たして私にできるのだろうか。。現実が重くのしかかる。。。

でもそこで、ナガラの神の言葉。

「ナガラが子供だった頃、お母さんがやってくれたことじゃない?」

そればっかりじゃなく、困ったハグにいつも前向きな言葉をかけてくれるナガラ。

「大丈夫!イケるって!!」

私もそんな友が欲しい。。。

 

もちろん、そんな重い現実がのしかかるばかりの物語ではない。

伊豆、修善寺温泉

秋田男鹿半島白神山地

播州赤穂の「波打ち際、ぎりぎりのところに立ってる宿」

広島鞆の浦の「御宿近衛」

そして高速バスで行く伊豆

タクシーの運転手さんとの会話

青空

 

旅に行きたくなる。

ただ私には温泉宿への女二人旅とか、経験がない。随分前に女三人旅なら行ってたた時期がある。。。でも、パートナーを得、さらには子供を得た彼女たちとは、生活リズムがかわってしまった。。おまけに、コロナ!!

だからといって、おひとりさま旅も。。ホテル泊のひとり遠征旅ならあるけれど。。。おいしい食と温泉を堪能できるような旅はまだない。そして、夕食を食べる際には、スマホか本がお供で、端の方で背中を丸める傾向だ。。。ハグに、白い目で見られちゃう!?

ピンと背中を伸ばして、レストランの一番いい席に案内してもらえるような気ごころをもたねば!!そして、その時には、温泉で夕日をも思いっきり堪能できるような、波打ち際ぎりぎりに立つ宿へ!!

・・・そんな旅をしてみたい。

 

ま、私の人生、まだまだ足掻かねばならぬ。。。と思うのである。

 

 

5. スタイルシートの設定