makiのきまぐれ読書日記

読んだ本を忘れないように。。。

中山七里との出会いからの「カエル男」と「贖罪の奏鳴曲」

2021年新しい作家と出会った。彼との出会いは推しの俳優さんの映画の原作。

その俳優は綾野剛さん。「ドクター・デスの遺産」という作品である。

原作者の名前は、中山七里。

本を買う際にはとりあえずググる私。もしもシリーズものだったとしたら私はとにかく最初から読みたい人であるからだ。ドクター・デス~は「犬養隼人」という刑事のシリーズものらしく、そのシリーズ個々の表題だけで、けっこうグロイ物語なんだろうなと想像する。。。先に言えば、一番最初に買ったこのシリーズにはまだ手をつけたない(^^;

f:id:maki_0004:20220102101317p:plain

中山七里さん。ほとんど聞いたことない作家さんだったんだけど、著作数は多く、シリーズものも多い模様。。。あまりグロイ作品からだとそれだけが嫌になって他にまで手が出なくなる可能性も多いなぁ・・・などと思いさらにググると音楽物の「岬洋介」シリーズというのがあった。人気のシリーズのようだ。なら、ここから入ろう♪

f:id:maki_0004:20220102101338p:plain

楽しくて一気に読んだ。さよならドビュッシー。おやすみラフマニノフ。いつまでもショパン。どこかでベートーヴェンでは岬先生の学生時代にもどり、もういちどベートーヴェンでは、司法修習生時代の岬先生がいた。で、当然、岬洋介の帰還と題された「合唱」に進む予定だったのだが。。。

どこで目にしたのか定かではないが、この本は岬洋介だけでなく、「オールスター」が集結するらしい。。。オールスター。たくさんのシリーズの方々って事よね。。。岬シリーズの解説などを読めば、あの作品のあの人が~と、すでにその片鱗は語られていた。前述のとおり、できれば、とにかく順番に読みたいタイプである。。。内容が極力目に入らないようにと、パラパラと「合唱」をめくってみると、後ろの方に中山作品・人物相関図なる特集(?)が組まれていた。。。。多すぎる( ;∀;)

とりあえず、御子柴シリーズなるものと、ヒポクラテスシリーズにチェックを入れる者の、中山七里とググれば必ずでてくる「連続殺人鬼カエル男」3作目の作品にしてごく最近「ふたたび」とつく作品が発表されている。。。

そして「カエル男」を読むことになったのである。

f:id:maki_0004:20220102101424j:plain

すばらしくエグかった( ;∀;) ここから中山作品に入っていたとしたら、後はなかったかもしれない。事件そのものもえぐかったけど、時系列に即してるのかそうでないのか、ちょっと不思議に挿入される「ナツオ」って言う少女(私は最後の方まで男の子だと思っていた)の話が、なんとも言えないのである。。。結末はさておき、登場人物である。

事件が起きた埼玉県警の古手川和也、先輩相棒の渡瀬はテレビで見た犯罪心理学の権威御前崎教授を訪ねる。一方容疑者として挙がってきた精神疾患のある前歴者当間勝男」とその保護士有働さゆりと接触を持つ。古手川は彼は犯人ではありえないと捜査をすすめていくのだが・・・

あぁ!!って思ったその後、さらにひっくり返される事件の真相に、たまげたどころの話ではなかった(T_T)

 

そして、御子柴礼二という弁護士の話に進むのである。「贖罪の奏鳴曲」である。

f:id:maki_0004:20220102103152j:plain

シリーズ化されてる弁護士の話。それだけで読み始めたので、いきなりの御子柴の犯行(?)にとにかく度肝を抜かれる。え??御子柴さんって悪者なん??でも弁護士御子柴でシリーズ化されてるのよね? ????じゃん。。。って読み進んでたら埼玉県警の古手川と渡瀬が出てきた。

古手川刑事といえば、シリーズ化されているわけでないけど、中山作品にはとにかくよく登場すると噂の人物。そっか。。。もう、出てくるんだね。。って読み進めてると御子柴の過去が明らかになる。。。

少年院時代、同じく女子寮(?)にいる少女のピアノの音色に心奪われる。。。。

え?ちょっと待って!こんな場面、つい最近見たやん!?

そう、カエル男で古手川刑事がピアノに癒されたのとおんなじ。。。

少女の名前は「さゆり」、医官御前崎氏が矯正プログラムとしてとりいれている。。。

間違いないじゃん。

カエル事件に振り回された古手川刑事が、同じピアノから影響を受けた弁護士御子柴と対立(?)するなんて、なんてこったい!!

私には、それだけで、もう充分おなかいっぱいだったんだけど、この作品でもなんか犯人のどんでん返しがあったねぇ。。。

 

そして犬養シリーズに進む予定ですが、その前にちょっと一息。。。ということで静おばあちゃんを挟みます。このひと、岬シリーズでちょくちょく出てきてた(?)からね。。。たしか、優しそうな人だったじゃん??

 

読メの感想とか見てるとカエルと奏鳴曲のこの関係に衝撃を受け他の人が少なげで、とりあえず、記録に残しておこうと思った次第。

5. スタイルシートの設定