makiのきまぐれ読書日記

読んだ本を忘れないように。。。

分厚すぎる「模倣犯」とりあえず、第1部

宮部みゆきさんを再読しよう♪シリーズ。いよいよ本命の「模倣犯」である。

3度目。。。になるのかな? 最初はもう、先が知りたくて斜め読みに近いものがあった。でも再読するには文字好きの私であってさえ、二の足を踏む長さ。

この本は自分で買ったものの、友人たちの家を回っている間に、犬にかみちぎられるという惨事に遭い、新しいのを買ってもらった。我が家にあるのは第10刷。初版から1年とわずか13カ月で10刷とは!!

 

 

もちろん発売されてすぐ読み始めて。。。当時コメンテーターとしてテレビ出演されてたおすぎさんだかぴーこさんだかも、同じ時に同じ本読んでて。。。なんか、自分が誇らしかった(?)のをよく覚えている。。。

もちろん、この本は衝撃で、いくら私でも、犯人と、おおまかなストーリーは思えている。

でも、第1部ラストに登場した、事故を起こした事件の犯人と思われる二人組の、うちの一人、え?栗原浩美ってだれよ!!と、思うのである(^^;

もひとり高井和明のことはよく覚えてるのに!?心優しきお兄ちゃん。巻き込まれたかわいそうな人。。。。ってことは、栗原博美は電話の主、短気でのぼせやすい「子供」の共犯者。。だね。。

 

で、1冊ごとにすれば、最初のころを忘れちゃいそうだから、とりあえず第1部で記事up。

公園から発見された右腕と、その後送り付けられた古川鞠子の事件。そしてラスト犯人と思われる二人の人物の死亡まで。

 

塚田真一 大川公園のごみ箱に遺棄された右腕を見つけてしまった男の子。彼は過去に両親と妹を殺された生き残ってしまった男の子。家族を殺した犯人の娘樋口めぐみから隠れるため、別件でその場に居合わせた前畑滋子と行動を共にしている。

 

前畑滋子 ジャーナリスト。以前頻繁に起こる女性誘拐事件を調べていたが、その中の女性に古川鞠子がいたため、スクープを狙い(といえば言葉が悪いが)、右腕遺棄を含めた一連の事件を追っている。

 

古川義男 鞠子の祖父。豆腐屋の主人。あるときは犯人にホテルに呼び出され、連れまわされるという道化を演じ、その後も犯人からやたらと気に入られている。。刑事に劣らぬしっかりとした洞察で、犯人を見極めようとしている。

 

武上悦郎 刑事。裏方のスペシャリスト。塚田真一の昔の事件にも心痛めている。鋭い洞察力で、陰から捜査を支えている。。。

 

HBSテレビ 事件を追うマスコミの筆頭。ちょこちょこ捜査の邪魔をし(すっぱぬきや、資料の提出の拒否)、結果、犯人にいいように踊らされている(?)

 

 

発見者、被害者、警察、マスコミ、それぞれの目線から淡々と事件の経過が描かれる第1部。さぁ、これだけの情報で、あなたは犯人を見つけられますか?

作者からの挑戦のようである。事件当時者と同じだけの情報が与えられた。さあ?的な。

もちろん、私にそんなこと想像できるわけもなく。。。でも、バブルの残骸お化けスポット、たしかここでまた何かあった気がする。。。すべてが伏線。

 

 

さてさて、2部に進みましょう!

5. スタイルシートの設定