makiのきまぐれ読書日記

読んだ本を忘れないように。。。

高円寺静≒円からの葛城→犬養隼人につながる2冊。

岬洋介シリーズの「合唱」に行くために初期作品からさらってる中山七里さん。「合唱」の後ろの方に載ってる人物相関図みたいなのを参考に、カエルからの、御子柴デビューをしたんだけれども、だいぶ、心が疲れた(^^;

なので、引退した裁判官の高円寺静さん、この人は穏やかそうだから、いかにも残忍そうな「切り裂きジャック」に行く前に、読んでおきましょう(^^)って箸休め的に読んだんだ「静おばあちゃんにおまかせ」けど、これはまた、違う感じで衝撃( ;∀;)

もうなんでも来なよね!って感じでついに突入の犬養シリーズだぁ!って運びです。

ただ、「静おばあちゃん~」で、すでにちょくちょく登場する犬養刑事笑

そして、「切り裂きジャック~」を読み終えたら、ここでまた一旦人物関係をまとめておく必要性を感じたわけです(^^; 

 

f:id:maki_0004:20220128111040j:plain

 

まずは、「静おばあちゃんにおまかせ」、警視庁の刑事葛城さんが活躍(?)するお話。・・・っていうか、葛城の知り合いの女の子、高円寺円の知恵をかりて、事件を解決する物語。

で、円の祖母が、高円寺静、静おばあちゃんって事で、実際は円が現場で見たことを家で語って、静が答えを導く(もちろん円も一緒に考える)。安楽椅子探偵もの!?

まぁ、事実はそんなに甘くないんだけれどもね。。。

 

外国人の労働問題や、あくどい宗教法人、外国人要人の治外法権に加えリーダーシップとはを問いかける、ちょっとかたいよね~。難しいよね~。って問題を、まったくもってこれが刑事!?っていう個性がない・・・というか、普通の人の刑事葛城と、まだ大学生の円が解決。なんか身近な問題として、そうだよね~。そこ、ちゃんと考えないとね~。なんて身近に感じる事が出来るわけなのでした。

その葛城さんの同僚(先輩?後輩だったっけ?)としてちょくちょく出てくる犬養という名前に、お!!って反応した私は、さすが、中山七里作品で、一番に犬養シリーズをを買い集めた(読んだのは結局岬シリーズだが)甲斐ありますか?(笑)

 

 

そして読み始めた「切り裂きジャックの告白」

切り裂きジャック、わりと何回かテレビのドキュメンタリーとかで特集されてるのでちょくちょく見たことがあった。けど、臓器も持ち去って、マスコミに告白文を送り、さらには臓器の一部も送り付けて。。。いわゆる「劇場型犯罪」のはじまりっていうのは、本作を読むまで知らなかった。意外な所で、知識の補強である。。。それをまねた事件が深川署の目の前で起こり、事件担当になるのが犬養刑事である。

男の嘘だけは素晴らしく見分ける事が出来、検挙率がめっちゃ高い。だけというだけあって、女性に対しては全然ダメ。妻には離婚され、一人娘からもすごいいきおいで嫌われている。。。

たまに出てくる葛城刑事は、部署が違うのでそうそうかかわりはないのだけれども、こちらで葛城が出てくるのが、ちょうど静おばあちゃん~の犬養程度。なんか面白いかも( *´艸`)なんて思ってたら、事件は連続殺人になり、そして埼玉県警管轄で起こる!

埼玉県警と言えば、古手川刑事である!そう、犬養と古手川が相棒で事件解決が進むという、私的にドリームマッチ!?笑

事件が進むにつれて、古手川の刑事能力を認めていく犬養だけど、そりゃぁね。。。笑

あの事件で、古手川が何を学んだか知ってる私達読者としては、ある意味心躍る(?)展開だった。

こうだとおもったら突き進む、二人は似た者同士!?っていうか、なんか補い合える、いい感じだよ~なんてニヤニヤしてしまう。でも警視庁と埼玉県警だから、きっと今回が斬りなんだろね~。でも、違うところでであって、「よぉ!」っ的な場面があると期待はしておく。。。

 

事件は、ただのカラダ切り裂き猟奇殺人かと思えば、臓器移植問題が絡んできまっすか~。脳死は、人の死か。否か。。。何の関係もない今の自分の立場だったら、なんとでもいえる。あとがきにも書いてあったけど、自分が脳死判定されたなら臓器提供してあげて!でも自分が移植が必要になったとしても、脳死の人からはもらわない。。。そういうのは、ある意味簡単である。ただ、それが自分じゃなくて自分の大切な人が、脳死と判断される。あるいは、移植が必要とされる。となったら意見は全く違うものになる。その時になってみないと、実のところ分からないし、その判断が正しかったのかって後々まで悩むことになると思うのである。

で、犯人を追う犬養が、実は今まさにその立場にいる。娘が移植が必要なのだ。そしてその娘が入院しているまさにその病院で事件は起こっているのである。。。

すっごい展開である。

 

ラスト、母親と息子(心臓)が再会する場面がとてもよかった。

 

切り裂きジャック、その題名からこれまたエグイ物語を想像してたけど、意外にもこのシリーズはそうではないのかなぁ。。。なんて思ったのである。

 

気になった事といえば、古手川刑事が母親の気持ちが理解できない案件。カエル事件で説明あったっけ? 次に進む前の、再チェック案件です!

5. スタイルシートの設定