makiのきまぐれ読書日記

読んだ本を忘れないように。。。

表題作「犯人のいない殺人の夜」

東野圭吾さんの短編集「犯人のいない殺人の夜」の表題作である。

 

<夜>と<今>二つの時系列で事件が進んでいく。

最初に私がひっかかったのが2度目の<夜>の場面の一人称のあたし。すぐに若干前後して読んでみてこれは、拓也と同じ家庭教師で彼女でもある雅美だということが判明するのだけれど、なぜかちょっとした違和感があった。。。

 

・・・っていうと、結果的に私って鋭いじゃん!ってなるんだけれど。私はそんなに推理小説を読む、、というか、推理が得意じゃないので、すぐに納得してしまう(笑)

 

だって、すました顔が写った写真と笑顔が写った写真。気付くわけないじゃん・・・

 

で、次に引っかかるのが、もう後半。拓也への事情聴取で由紀子の死亡時、警察に届けるべきだと言った。。との証言である。

あれ?それって違う。。。よね??って。。。

 

犯人が分かった後に、<夜>の場面だけを読んでみるだけでも結構な衝撃作である。まさに「あたし」になって読むと、一番最初の現場だけでも、ものすごくよくできた描き方で、確かに嘘は一言も書いてないよ!!って感動すら覚える。

 

余談だけれども、あたしが読んだ「死体に細工を施していた」り「女性の家庭教師が一家に協力して犯罪を隠す」って言う小説は、何だったんだろうな?と変な興味を抱いてしまいました。。。

 

それと、今では推理小説探偵物語に興味がなくても、誰もが知っている「ルミノール反応」の説明で、一家が青ざめる場面にちょっとした衝撃。あ~、時代とともに犯罪も変わる。。。。でも、殺人の動機って言うのは、今も昔も変わらない、痴情のもつれと金銭問題。

 

そうそう、結局、彼の恋人の雅美さん。拓也が「あんな」奴でも協力するのは、お金のため。。。なのよね。彼女も結局、謎多き女性だ。

 

 

5. スタイルシートの設定